読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZERO TWP THREE と 知力も伸びる英語脳の育て方と幼稚園では遅すぎる

 

どうすればいいか、書いてあります。

幼児は漢字学習、そして分数が理解しやすい、質問攻めが良い、一生分のボキャブラリーが3歳までに決まるなどなど

 

現在、漢字は石井式を実践中、分数はモンテッソーリの教具で3公式キューブや分数パズルなどがあります。基本的にはお金をかけないようにしていますから、買わずに、分数ならモンテッソーリでなくても、マグネットの分数シートを買って使います。

もし興味を持つ様子がないようなら、ピザか、ケーキのおもちゃでもいいかもしれませんね。

www.amazon.com

www.amazon.com

 

この三冊のうち一冊の

知力も伸びる英語脳の育て方の著者が幼児教室を開校しています。

学習の時間割が参考になりました。

2歳は平日、1時間ほどの勉強しているらしい。

※私の臆測になりますが、幼児は1時間座っているのが限界と考えました。

この教室は、椅子に座り授業を受けています。

※帰ったら必ず復習をしていること

教育方針 - 横浜バイリンガルエデュケーション

 

 

 

家庭学習の基礎を考えるいい材料になりました。

 

 

ただ、何を 教えるか、 ここはサイエンスが中心で

英語で身体の部分を言えるようにしているようです。

インプットだけでなく必ずこどもに質問していました。

将来は科学者かお医者様にしたいのかな?

 

私は 何を 知識 として 教えてあげられるのかな。

 

びって教育法の

その方法は、食卓上の物や、室内の物や、庭園の花や虫等を捕えて、それに関してヴィッテといろいろな話をする

ここを強化したほうがいいんじゃないだろうか。

興味を持ったときにお話して

それでもって、必ず「知ると楽しいね、嬉しいね、もっと知りたいね」

言うようにしたらどうか。